心血管・肺疾患

『心血管・肺疾患』について

心血管・肺疾患の診断・治療を行っております

 

胸痛・動悸・息切れ等の症状がある方。心電図異常や動脈硬化の危険因子がある方は、心臓エコー検査・24時間心電図検査を行います。

心臓・大血管CT検査により、冠動脈の石灰化の有無、大動脈瘤の診断なども行っております。

煙草を吸われる方、咳・痰・息切れが気になる方は、肺機能検査による肺年齢測定、胸部CT検査による肺障害判定や肺癌の早期発見を行います。

また、近年循環器疾患に大きな影響をあたえる事が分かってきた睡眠時無呼吸症候群の検査も行っております。

検査機器のご案内

超音波診断装置

特に心臓・血管系に優れた診断能力を持つ器械を導入しております。 心疾患の診断、動脈硬化の診断などに威力を発揮いたします。

 

デジタルホルタ記録器

24時間の心電図を収録する器械です。

普段の生活の中での心臓の動きを記録します。

45gの小型器械で患者様のご負担が少ないです。

 

マルチスライスCT

たばこ病(慢性閉塞性肺疾患)や肺がんなどの肺疾患の診断や胸腹部大動脈瘤の診断などに有用です。

 

肺機能検査装置

肺の健康状態を検査する装置です。

患者様の肺年齢測定、たばこ病(慢性閉塞性肺疾患)の検査ができます。

 

▲上に戻る